ネイリスト 求人・転職募集

ネイリストという職種を詳しく説明します

ネイリストは、カラーリングやアートデザインをして、お客様の指先をきれいにすることによって、美しく見せることです。ネイリストは、美容師やアイリストのように国家資格を必要としませんが、技術を日々磨いていく必要があります。そのため、閉店後などに自主的にトレーニングを行ったり、技術講習という形で、日々技術の腕を上げていきます。特に新人や経験がまだ浅いネイリストには重要度が増して、お客様に満足してもらえるような技術と手際のよい作業を習得していきます。ネイリストと聞いて思い浮かぶこととして爪にマニュキュアを塗る「カラーリング」だったり、爪にデザインを施す「ネイルアート」があげられますが、実はそのほかにも爪の形をきれいして、甘皮の処理を行う「ネイルケア」や傷んでしまった爪の修復や補修をする「リペアー」などもネイリストが行っており、この2つはネイリストになるために必要な技術でもあります。近年では、ジェルネイルや3Dアートなどといった新しい技術やトレンドへの理解が常に求められる仕事になりつつあります。

ネイリストの仕事内容とは?

主になる業務は接客と施術です。流れとしては、来店したお客様の好みや要望を会話の中から把握し、お客様に合った色やデザインを提案するほかに、爪の状態にあわせたアドバイスを行うことがあります。施術時間はだいたい1時間半程度で、施術中はお客様の性格や好みにあった会話をすることが大事になっていきます。この流れを見てみると高い施術技術のほかに、心地よい接客でお客様の満足度も重要になってくる為、コミュニケーション力も大きなカギになっていきます。これらはネイリストの指名客獲得だけでなく、サロンにとって今後のリピーター客増加にも大きく影響していきます。

新しいデザインやネイルチップの制作

そのほかにも新しいデザインや流行を意識したネイルチップの制作も業務の1つです。製作したチップは、お客様がデザインを決める際の参考にしたり、イメージを膨らませるために使ったりします。また、制作したネイルチップはお客様への提案材料に使うだけでなく、広告やサロン、HP、SNS等に掲載することで、サロンのセンスや感性をPRする素材にもなったり、新たなお客様がお店を選ぶ際の判断材料になることもあるのでかなり重要になっています。そして多くのネイリストはネイルサロンや美容室に併設されたネイルブースなどで勤務をして、経験を積んでいき、培った知識、技術、経験を活かして、いずれは独立開業する人やフリーランスのネイリストとして活躍する人もたくさんいます。

SPECIAL注目の特集