大分県 美容師 求人・転職・募集

0件の求人が見つかりました
    0~0件目を表示中

大分県の美容室・地域情報

大分県の美容室の数

2,956件

人口

約120万人

世帯数

約53万世帯

平均年収

約415万円

美容師の人数

約4,800人

美容学校の数

3校

最低賃金

790円

 大分県は、県土の7割を森林が占め、渓谷や盆地など変化に富んだ内陸部と別府湾を堺に北部沿岸は遠浅な砂浜、南部はリアス式海岸が続いています。
 源泉数・湧出量共に日本一で、別府湾に面する別府温泉、県中央部に位置する由布院温泉をはじめとする温泉街で知られています。8つの自然湧出の源泉にした有名な別府の地獄めぐりは、赤湯泉の血の池地獄、間欠泉の龍巻地獄など国の名勝にも指定されています。中でも血の池地獄は、本当に血のように真っ赤でインパクトが強い。さらに地熱発電は日本一を誇っており、栽培をはじめとする養殖等の産業、食文化や美容、さらには医療に至るまで、豊かな温泉の恵みが幅広く活かされていることから、県では「日本一の温泉県おおいた」と称し、全国に大分の温泉をPRする活動を行っています。
 名産は椎茸、かぼす。椎茸の中でも特に、正月のおせち料理などで珍重される身が厚く表層に星型の亀裂が入る干し椎茸の「どんこ」が名産です。水産物では瀬戸内海と太平洋の波にもまれて育った豊後水道の関アジ、関サバや城下かれい、臼杵ふぐも特産で大分では肝も食べられています。またソウルフードのとり天や漁師のまかない飯あつめし、地獄蒸しなどかなり奥深いご当地グルメの数々が存在します。とり天は鶏の唐揚げとはまた少し違って、下味を付けた鶏肉に衣を付けて揚げ、酢醤油と練り辛子でいただくというスタイルが一般的です。
 県内の美容室数は2,956件と平均の半分ほどではありますが。求人を探す面では十分な数で行きたい美容室があるかもしれません。

NILA