ファッションも重要!? 美容師の服装選びのポイントは?

美容師の服装選びのポイントとは?

美容室は身だしなみを整えると同時におしゃれのために訪れる場所でもあります。必然的にお客様は、清潔感のない美容師より、センスの良さが感じられる美容師に施術や髪のケアをお願いしたいはずです。実際、美容師の枠を超えてファッションアイコンとして注目されるような美容師は、洋服にたくさんのコストをかけているように見えますが、選び方や購入の工夫次第で“セルフブランディング”に応じた着こなしを楽しんでいます。 今回は、美容師の服装選びのポイントをサロン編、会社説明会・面接篇、国家試験篇に分けてご紹介します。今よりさらに活躍したい人は服装選びを工夫してみてはいかがでしょうか。

おしゃれな美容師は集客率が上がる!?【サロン服装編】

指名客の多い美容師ほどオシャレ度も高く自分に似合った服装をしています。「こんな美容師に切ってもらいたい」「あんな素敵なスタイリストにヘアスタイルを提案してもらいたい」と思ってもらえるようなファッションを意識することで売上や指名にも繋がっていきます。

ファッションは「自分らしさ」だけを追求しない お店の雰囲気に合わせて

技術力を高めるだけでなく、おしゃれになりたいと考えている美容師は多いはず。しかし自分好みの服装でおしゃれに決めれば良いというわけではありません。自分の服装が美容室のイメージを決め、お客様の「お店選びのカギ」にもなります。若者向けの美容室であれば最新のトレンドを取り入れたファッション、落ち着いた雰囲気なら大人っぽい服装にしてみるなど、他のスタッフとの統一感も出るためお客様に安心して入ってもらうことができます。

お客様に「好まれる」美容師に〜清潔感を大切に

いくら流行に乗ったおしゃれなファッションをしていても、履いている靴、洋服の襟や袖が汚れていたりシワがあったりすると、お客様も不快感を持ってしまいます。美容師は仕事中、カラー剤などが付いて服が汚れることがあります。汚れが心配な場合は、黒や紺などの濃い色を中心にコーデを作るのもひとつです。どの世代の方にも気持ち良く利用してもらえるような清潔感のあるおしゃれを心がけましょう。

各サロンの服装規定を守りながら〜トレンドを取り入れて

いつも流行最先端の洋服を着ることは難しいですが、時代遅れの服を選ぶのもよくありません。「このスタイリストにカットしてもらえばイマドキにしてもらえる」「このお店なら、自分に合うヘアスタイルを提案してもらえそう」と思ってもらうことで集客につながります。美容室によっては、カジュアルなTシャツやサンダル、ノースリーブや短いスカート、露出の多い服装をNGとしていることがあります。服装を選ぶ時は働いている美容室の服装に関する決まりをしっかりとチェックしておきましょう。アイテム選びや洋服のコーディネートに悩む時は、おしゃれ美容師のInstagramやブログなどを参考にするのもおすすめです。

お客様が憧れるヘアスタイルを

施術をしてくれる美容師のセンスを信用できるかどうかは、ヘアスタイルも大きなポイントになりますので特に気を遣いましょう。お店のコンセプトに合わせたパーマやカラーを意識するのはもちろん、自毛が目立つ前にカラーリングし直すなど、隙のないヘアスタイルを目指しましょう。お互いの髪の毛の施術をすることが多い美容師ですが、あまりにも特徴的な髪型はお客様にとって抵抗があります。そのような場合は、帽子をかぶったり髪をまとめたりして少し落ち着きを持たせることも大切です。

またお客様に「真似したい」と思わせるヘアアレンジも工夫しましょう。女性はちょっとした編みこみやヘアアクセなど、男性はスタイリング剤を使ったセットを工夫してお手本となるようなアレンジを心がけましょう。

コストをかけなくてもおしゃれに見せる工夫とは?

給料が低いと言われている美容師の世界では、「給料のほとんどが洋服に消える」「服やアクセサリーはあまり買わない」などファッションに気を遣いたくても、あまりお金をかけられない場合が多いです。アシスタント時代ではなおさらです。それならば、持っている洋服と小物を使い、お金をかけなくてもできるおしゃれを楽しみましょう

①アクセサリーや小物

仕事での汚れを気にすると地味な色味やオールブラックの暗い印象になってしまいがち。おすすめなのは、何か1点小物を使っておしゃれを楽しむことです。例えば、シンプルなコーディネートでも、ニット帽やケープを組み合わせるだけでオシャレ度がグッと上がります。男性ならメガネやジャケットなどを組み合わせてみたり、女性なら印象的なピアスやネックレスをつけたりするのもおすすめです。

②古着

古着屋では自分らしいアイテムや掘り出し物が安く手に入ることができます。おしゃれな先輩からお下がりを貰いやりくりするという手も。アシスタント同士服を交換しあいコーディネートのパターンを増やすということも多いようです。

③ファストファッション

ファストファッションと呼ばれるコストパフォーマンスに優れた洋服や、ネット通販でも価格を抑えた洋服がたくさんあります。全身ではなく、いくつかのポイントで取り入れれば、予算を抑え流行のスタイルに。

④何着か着まわせる服を持っておく

いつも同じ服ではお客様におしゃれ美容師と感じてもらえませんが、毎日違う服を着るのも無理ですよね。そんな時は、着回しが効く洋服を何着か持っておくと便利です。既に持っている服とのコーディネートをイメージして無地やベーシックな型など買うと良いかもしれません。

会社説明会や面接にはどんな服装が正解?

美容師として働く前には、会社説明会への参加や希望先の美容室と面接を行う必要があります。スーツにネクタイのサラリーマンと違い、基本的に服装が自由な美容師の場合、面接や説明会においても基本的に「私服で来てください」と言われることが多いのです。スーツでもノーネクタイで七分丈パンツのようなスタイリッシュな雰囲気でも良いでしょう。

面接でなぜ服装が大切かと言うと、「サロンの特徴に合っているか」「信頼できるかどうか」を見るためです。もちろん質疑応答も大切ですが、服装と合わせて髪型やネイルなどトータル的に見られます。例えば、表参道や銀座のサロンの面接に、原宿や渋谷の若者のような服装ではおそらくNGです。また大型店のような幅広い年齢層のお客様が来店する美容室の場合は、個性豊かな服装よりも清潔感あるスッキリとした印象の服装が好まれます。

良くない服装の例として、男性は穴のあいたダメージデニム、半ズボン、サンダル、首周りの伸びたシャツなどがあります。女性の場合もサンダルやヒールの高すぎる靴、ホットパンツやミニスカートなどの肌の露出が多すぎる服は避けるべきです。美容師としてアピールする場でもあるので、あまりにも個性的で奇抜な格好も、全体的にあまりにも地味な格好で行くのも考えものです。また女性の場合、ある程度のメイクや美容師の特徴でもある髪型は特に整え印象を良くみせましょう。

国家試験「実技試験」時の正しい服装とは?

筆記試験を受ける時の服装は特に気にする必要はないですが、問題は「実技試験」です。実技試験では衛生面でも厳しくチェックされることが多く、試験会場となる学校によっては、着ている洋服が派手なだけで減点対象にされてしまうこともあり、注意が必要です。

全体的なコーディネートとしては、ジーンズやスカート、柄が目立つパンツを履くのは避け、黒か白といったシンプルで統一された色を選ぶようにしましょう。持っていく白衣にはアイロンをかけ清潔感のある印象を持つことが大切です。靴は革靴やパンプスではなく、国家試試験を受けやすいようなスニーカーや上履きを用意しておきましょう。また作業中邪魔になるという理由から基本的に指輪や腕時計をつけることは禁止されています。ピアスやイヤリング、香水などの使用も避け、爪は短く切ってから試験に挑むようにしましょう。

まとめ

カリスマ性も求められる美容師はファッションのお手本になる存在。お客様をキレイにするだけでなく、自分自身も見た目に気を遣うのは当然のことですよね。美容師になる前から意識を高く持ち、サロンに出てからはお客様の心を掴むコーディネートのポイントや費用のおさえ方など、ご紹介してきました。

「お金がないとおしゃれできない」という事はありません。五感を使う美容師ならではの想像力と工夫、アイデアがあれば楽しめるはず。会うたびに新鮮さを与える意味でも新しいものを試して、美容師力をアップさせましょう

SPECIAL注目の特集