美容師に向いている人はどんな人? 求められる性格や必要なスキルを知ろう

職業を選ぶ際には「向き、不向き」も大きな決め手になりますよね。みなさんはどんな人が美容師に向いていると思いますか? 

手先が器用な人
話し上手な人
トレンドに敏感な人


といったイメージが浮かぶ方も多いのではないでしょうか。では、実際にどんな人が美容師に向いているのか、見ていきたいと思います。

美容師はどんな性格の人が多い?

「美容師」という職業には「きつい」というキーワードがついてくるほど、楽ではない職業と言われています。基本的に接客は立ちっ放しですし、お客様の対応が終わるごとに、片付けや掃除があるため、営業時間中に座るということはほとんどありません。お店の営業時間やスタイルにもよりますが、忙しい時には、お昼休憩などもゆっくり確保できず、人気店であれば、立て続けにお客様対応をしなければなりません。特に、アシスタント時代には基本の仕事、さらに雑用の割合も多く、加えて、自身の腕を磨くことも必要になります。とにかく、体力的にも時間的にも「きつい」ことが、美容師が大変!と言われる理由の一つです。

そんなとき、心の支えになるのが「こんな美容師になりたい」「こんなお店を持ちたい」といった夢や希望、明るい未来です。将来の目標をしっかり持っていれば、多少「きつい」ことがあっても乗り越えることができます。体力もあるに越したことはないですし、

諦めない心
めげない精神力


上記が美容師に向いている条件のひとつです。

器用・不器用は関係あるのか?

「美容師になりたかったけれど、不器用だから諦めた」という声を聞いたことはありませんか? もしくは自分はあまり器用なほうではないと、少し不安に感じている人はいませんか? 確かに、器用な人は新しいことをすぐに覚え、技術も身につける印象があります。自分が不器用と感じている人は、器用な人を見て焦る気持ちが出てしまいがちです。しかし、器用な人はさまざまなステップをスムーズにクリアしていくので、その後の練習に力を入れない人も少なくありません。むしろ、少し不器用な人の方が「頑張らなければ!」という気持ちで練習に励むので、上達する人が多かったりするのです。

「カリスマ美容師」「人気美容師」のインタビュー記事では意外にも、「器用ではなかった」「覚えが遅かった」「上達に時間を要した」というコメントを見ることも少なくありません。そしてその不器用だった自分のスキルをどのように磨いていったのかを語っている方も多くいます。美容師の仕事は、基本的には練習すればするほど上達するもの。

器用・不器用はあまり気にする必要はありません。

コミュニケーション能力はやはり必要?

美容師に必要な能力は、カットやパーマの技術だけではありません。美容師は基本的には接客業なので、コミュニケーション能力は必須条件です。お客様の中には、「綺麗になるため」だけでなく「美容師との会話」を楽しみに来店される方も多くいらっしゃいます。カットやカラーをしながら、コミュニケーションを取ることも美容師に求められる条件です。

「技術には自信はあるけれど、話すのは苦手」という方も少なくないでしょう。しかし、お客様との会話は、「ただ話す」だけではないのです。会話を通して好きなファッション、ライフスタイル、性格を知ることができ、それをもとにオススメのヘアスタイルやヘアケアなどを提案が可能になります。お客様に寄り添うサービスは、お客様の満足につながり、指名にも繋がります。カットや技術同様、コミュニケーション能力も努力することで磨かれていくもの。苦手意識は持たず、「お客様を綺麗にする」を目指してコミュニケーション能力を磨いていきましょう。

ファッションや美容に関して関心が強い人

美容師には「おしゃれ」というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。実際に、美容やファッションに興味や関心が強い人が多くいます。「お客様をよりキレイにすること」「お客様をより美しくすること」が美容師の仕事の目的でもあります。そのための提案には、ファッションや美容に関する知識が欠かせません。これはコミュニケーション能力の向上にもつながります。

様々なタイプのお客様がいるので、トレンドだけでなく、幅広い情報チェックも必要です。日々の情報収集はもちろんのこと、自身も「おしゃれ」であることが求められます。自分自身のファッションや美容へのこだわりなどを語れる人は、美容師にピッタリです。

美容師に向いている人のまとめ

どんな人が美容師に向いているのか、いくつか紹介しましたが、共通して言えることは、どの条件も練習や努力することでクリアできるという点です。例えば、器用な人はその能力にあぐらをかくことなく、よりそのスキルを磨くことが望ましいですし、不器用な人は「人より頑張ろう!」という気持ちで上達への道を突き進むことができます。「きつい」と感じたときの、活力にもなるので、「なりたい美容師像」をしっかりと思い描くことも大切ですよ。

SPECIAL注目の特集