美容師の年収はどれくらい? 役職別に給料の実態を知ろう

美容学校卒業の新卒初任給はどれくらい?

現在、美容学校卒業の新卒求人募集をしている美容室は全国にわたり、多くの美容室が人材不足で求人難の状況に陥っています。

最近は新卒アシスタントの初任給が20万円を超える美容室もあるといわれる中、全体的には平均の「手取り月収」はいったいいくらなのか? 気になりますよね。美容学校卒業の新卒アシスタントの初任給は、地域によって異なりますが「手取り月収」で平均14万円〜16万円と思われます。

「手取り月収」とは、基本給+各種手当-社会保険料や税金などのことを指します。手取りの平均月収が14万円〜16万円と知ってどう感じましたか?

美容学校を卒業し、国家資格を取得して「念願の美容室に就職できた!」と意気込んだものの、初任給の低さにガッカリしてしまうという人も多いようです。他業種と比べてもかなり低く設定されていますね。

そもそも、新卒アシスタントが美容師(技術者)になるためには、最初にアシスタントとして技術を身につけていく期間があります。アシスタントとして勤める期間は美容室によって異なりますが2年~3年くらいと言われています。その間の月収は、働く地域によっても異なりますが平均15万円くらいなので、生活していくのがやっとという人も珍しくありません。

そのため、一人前の美容師として認められるまで他業種と比べると低い月収といえます。一方、地方では美容師を志望する人の数が都内より少ないため、人手を確保するために初任給が高めに設定されているとも言われています。

美容師アシスタントの仕事内容とは?

美容師アシスタントの仕事内容は大きく分けて2つあります。1つ目はシャンプー・マッサージ・トリートメント・カラー・パーマなどの補助や技術練習といった施術に関する仕事。2つ目は営業前の掃除・鏡磨き・タオルたたみ、営業中の床掃き・セットアップ・雑誌交換・ドリンク出しなどお客様が美容室で快適に過ごしていただくための接客に関する仕事です。

他にも、買い出し・ゴミ出し・電話対応・予約管理など美容室が快適に営業できるようにサポートをする仕事はアシスタントが行います。アシスタントには覚える仕事がたくさんあります。材料の管理もアシスタントの重要な仕事になります。カラー剤、パーマ液などは多くの種類があり、足りなくても多すぎてもいけないバランスを見ながらの在庫管理は神経を使う業務です。

その中でも、アシスタントは先輩美容師が仕事をしやすいように、そしてお客様が快適な時間を過ごせるように美容師とお客様の両方に意識を向ける必要があります。

美容師アシスタントの月収が低い理由は?

単純に美容室での仕事として考えたときに、アシスタントができる業務が限られているということが大きいです。美容師なら入れる仕事もアシスタントだと入れない仕事があります。美容師がお客様のヘアスタイルをデザインするためには、カットが必要不可欠となります。一般的な美容室では美容師とは「カットまですべての技術ができる」という区別がされます。すべての技術をマスターし、お客様を担当する上で美容師として責任を持てることが美容師であるという考えです。

お客様に責任持って施術することができるのが美容師で、その美容師のヘルプをしながら、お客様が気持ちよく快適に過ごせるようにサポートするのがアシスタントの仕事なので、アシスタントの月収は美容師よりも低い設定となります。

ここで「生産性」についての話をします。

美容師アシスタントの生産性とは、シャンプー・トリートメント・カラー・パーマなどの技術売上のことです。例えば、新卒美容師アシスタントの月給が17万円だとします。月17万円の月収が支給されるアシスタントの月の技術売上(生産性)が同じ金額の17万円だとしたら美容室の利益は0円です。美容室ではその他にも、家賃・水道光熱費・材料費・広告費など経費がかかります。そうなると、生産性の低いアシスタントの月収はできる限り抑えたいという美容室側の考えになります。

大切なことは、新人アシスタントに時間と労力とお金をかけて1から技術や接客方法を教えてくれたり、遅くまで練習に付き合ってくれたり、時には考え方をアドバイスしてくれたりと親身になって育ててくれるのはお店の先輩方です。「月収は低くても、一人前の美容師になるために育ててもらっているだけでありがたい」という気持ちでみんな頑張れるのだと思います。アシスタントのうちは生産性で考えると、高い月収は出せない美容室は多いと思いますが、いつか美容師として売上を上げられるようになれば、美容室にとって生産性のある存在となります。

先輩美容師がアシスタントの月収を稼いでいる?

美容室では、アシスタントがヘルプに入ってくれることで美容師はより多くのお客様を担当することができます。担当できるお客様がたくさん増えることで売上も上がります。しかし、ここでもアシスタントの月収は基本的に上がりません。歩合制の美容師であれば売上が上がれば月収は上がります。なぜ、アシスタントの月収は変わらないかというと、アシスタントの給料は美容師が売上を上げて稼ぎだしているのです。逆に、美容師側の立場で考えると、アシスタントにヘルプしてもらうのであれば、そのアシスタントのお給料分の売上を上げる必要があるということです。

アシスタントにヘルプしてもらうことで複数のお客様を同時に担当することができ、売上を上げて自分の月収をアップさせることができる仕組みになっています。アシスタントがいてくれるからこその売上ですから、後輩のアシスタントを育てることは先輩美容師にとって重要な役目であって、1日も早く一人前の美容師にさせる責務があります。アシスタントが成長してくれることで、美容師はより仕事がしやすくなり売上も伸ばしやすくなるのです。アシスタントの存在とは、美容室にとっても、美容師にとってもかけがえのない大切な存在なのです。

SPECIAL注目の特集